目元のクマ 改善方法

picture

クマの種類

目の下にできる、クマ。クマと言っても種類があります。

 

種類によって原因も対処法も変わってきます。まず、クマの種類は大きく分けて3つあります。

 

色素沈着などが原因の茶ぐま、血行不良などが原因の青ぐま、たるみ、皮膚のへこみなどが原因の黒ぐまです。

 

どれもクマに変わりはないのですが、じっくり見てみると色が違うのでクマでお悩みの方は自分がどのタイプなのか鏡で色を確認してみてください。

 

クマの原因

クマはタイプによって原因が異なります。

 

茶ぐまの場合は色素沈着で紫外線から受けたダメージや、目をこすったり、アトピーなどの皮膚炎や、乾燥によってもたらされます。

 

また、メイクを落とす際に落としきれなかったマスカラが原因になっていることもあります。

 

メラニンが皮膚の奥のほうに沈着してしまったときもこの茶ぐまになります。

 

青ぐまは主に血行不良が原因で、目の周りの薄い皮膚から毛細血管が見えるため青くなります。冷えや、疲労、ストレスなど、原因は様々です。

 

黒ぐまは元々目の下に脂肪が少ない方や、加齢により脂肪が委縮したり、筋肉がゆるみへこみができるのが原因です。

 

シミではないのでメイクだ隠すことは難しく、厚塗りしてしまうと余計に目立つことになります。

 

タイプ別対処法

クマはタイプにあった対処法をとることによって改善が見込めます。間違った方法をしてしまうとかえって悪化する場合があるので要注意です。

 

まず、茶ぐまタイプは美白効果のあるコスメでケアしましょう。ビタミンC誘導体配合のスキンケア用品がおすすめです。

 

目の近くなので入らないように気を付けましょう。

 

皮膚の奥にメラニンが沈着している場合はレーザーでの治療が効果的です。茶ぐまの方は色素沈着なのでマッサージなどしてしまうと悪化する場合があるので避けましょう。

 

を青ぐまタイプの方は、血流をよくするとよいので、ホットパックやマッサージが良いです。

 

しかし、目の周りは皮膚が薄くなっているので、力を入れずに優しく行うようにしてください。

 

目の周りだけではなく、全身を暖かめ冷えを防ぐとより早く改善出来ます。

 

黒ぐまタイプの方はへこんだ部分にヒアルロン酸を注入しへこみを治す方法が効果的です。

 

参考:まぶたの色素沈着・くすみ・黒ずみを9日間で消す方法

 

 

クマは体調不良のサイン?

クマは病気を表す場合もあります。女性に多い貧血や、うつ病。

 

これらは血行不良による青ぐまに分類されます。

 

またバセドウ病や肝機能や腎機能が低下するとクマができることがあります。

 

クマだけでなく他にも体の異常が出た場合はクマだからとおほおっておかずにきちんと病院にいきましょう。